2008年05月30日

キャプテントゥーレが内枠で買いの理由

Q.

「超万馬券を10点以内で当て続ける方法」買いました。
所々、笑える文章もあり楽しく読んでいます。

質問ですが、皐月賞のキャプテントゥーレが内枠ならいいとあったのは、馬自身の枠成績からなのでしょうか?
それともコース・脚質の枠成績からなのでしょうか?
あと、メルマガのバックナンバーはないのでしょうか?

A.

ご購入ありがとうございます。たまに当たったレースを必死に威張っているところが笑えましたか?
キャプテントゥーレは、前走はスローの外枠で外を回らされた馬ですから、今度は内を引けば、内でじっとしていて、なおかつ、前走よりも積極的に動けるだろうということと、皐月賞は、まず内枠が有利になるだろうという、2つの理由で、馬自身もレース自体もどちらも内が有利だろうと考えたからです。
結果的には逃げるんだったら中枠ぐらいでも良かったんですけど、レッツゴーキリシマとショウナンアルバが外を引いてくれたのもラッキーでした。
メルマガはバックナンバーはご用意しておりません。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

血統馬券プロジェクトのアンケートについて

Q.

いつも亀谷さんには、コラムやブラッドバイアスサイトなどでお世話になっております。
今まで亀谷さんの理論で多数馬券を取らせていただきながら、お礼のメールもほとんどすることが出来ませんでしたので、今回あらためて御礼申し上げます。
亀谷さんはメルマガによると、最近は本の出版を始め、雑誌の締め切りやBBSの休止などいろいろとお忙しいとのことですが、お体には気をつけて頑張って下さい!
自分も早速新刊の方を予約したのですが、何せこちらは田舎なもので(笑)
やっと先程手元に届いたばかりなので今からワクワクしながら読もうと思っております。

さて、今回はお礼も含めて申し上げたいのは、ブラッドバイアスサイトのコラムのアンケートの集計上位の馬の解説が自分にとってとても勉強になりました。ということです。
自分は今まで血統をうわべだけで捉えていたことがほとんどで、「上がり上位で走ったことがない、全体スピードで勝負する馬」や「緩く流れる競馬の適性が高い」など馬の特性やパワーやスタミナが問われる馬場に向く、このような馬場やレースではパワー型の先行馬が残るなどのような考え方は出来てなかったのが実状で、レースぶりを見る大切さなどを新ためさせられました。
ですので、レースぶりの着眼点や注目点のコツみたいなものがありましたら教えてください。またこのような解説をしていただけたら大変嬉しいです。

私事ではございますが、亀谷さんの理論を少しずつ勉強し始めたのは去年からで、1年目は亀谷さんの理論を理解したり、一年間の流れを掴むのでいっぱいいっぱいでした。
でも、2年目の今年は、少しのゆとりや一年の流れが掴めたこともあって、昨年よりも自分では理解できるようになったつもりです(笑)。
今の自分のスタンスとしては、昨年の理論も復習しながら今年新たに発信される亀谷さんの考えを取り入れるといった感じです。

これからメルマガにもありましたように、夏に向かっていきますが、「夏ならでは」の楽しみが去年以上に、馬券等も含めて楽しめますように僕自身も頑張りたいと思います。
これからも頼りにさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

A.

こちらこそお世話になっております。いつもありがとうございます。本はあまりご期待いただくと、期待を裏切った時の反動がちょっと心配ですが…
アンケートの件もご参考になったようで何よりです。ボクもすごく勉強になっています。BBSを直して、今のアンケートと合体させたようなものを作る予定ですので、またご意見お願い致します。
血統やレースに対する見解は、どこまでが深くて、どこまでがうわべだけなのかは、ボクもよくわからないので、お褒めの言葉を頂戴するのは恐縮です。
実際、ボクにとっての今年のオークスは深く見たつもりが、うわべしか見ていなかったのが敗因でした。トールポピーの取捨は2段階に踏み込んで最終的に評価を上げれたのはよかったのですが、これも「グレイソヴリン」といううわべだけでも取れるわけですし。
夏の競馬は本当に楽しいですよね。馬場のバイアスも極端に出ますから、1点でサクサク取れると本当に楽しいです(別に当たれば夏じゃなくても楽しいですが)しかし、夏に裏目を食ってると、夏の暑さが余計に応えますけれど(苦笑)
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

新潟芝直線1000m攻略のポイント

Q.

1回新潟が終わりましたが、500万以上の芝1000mでは1番人気が1度も勝てず、バクシンオー産駒も3頭しか馬券になれませんでした。
スキャン産駒が8番人気で2度来るなど単平均は2940円と高配当だったのもびっくりです。
サンアディユのフレンチ×ニジンスキーは過去に指摘されていていましたが、他に攻略のポイントがあったらぜひ教えてください!

A.

スキャンの連発はおいしかったですね。特に2度目は予見できるわけですし、相手もお母さんが1000mのスペシャリストでしたからね。
スキャンが勝つということはようするにダートということですから、ダートで逃げていた人気薄を徹底的に狙うのがコツです。
と、今書いても夏になると忘れるかもしれないのですが(というのは冗談ですが)
1000mは面白いんですけど、どれかを狙って本命にするのはボクにとっては1200mなどに比べると難しいレースが多いので、そこが課題です。
単行本にも載っていた「単勝を数点買っても勝てるレース」が多いコースなのですが、さすがに本命5頭とかは人様に見ていただく予想ではないので。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

新刊の種牡馬リストについて

Q.

私は血統で予想する際や、先週の結果を分析する時に国別の組み合わせでまとめていたんですが、新刊の種牡馬リストをみていたら種牡馬は複数のスピードの質をもっています。そこで今組み合わせ予想が崩壊してしまっています。
例えば今までだったら一番強く求められるスピードの質が欧州だとします。
そしてその相手にスペシャルやフジキセキが多くきてたら欧州×瞬発と簡単に決めてたんですけど、これらの馬達は他のスピードも同じぐらいの強さで持っていますよね?さらに軸となっていた欧州の方も完全欧州じゃなく、キングヘイローやスターオブコジーンなど全体スピードも兼ね備えていたりしたらもう単純に欧州×瞬発じゃないような気がしています。
そもそも、血統予想として、組み合わせで予想するのは難しいというかナシなんでしょうか? それとももっと効果的なスピードの質を使った血統の予想があるのでしょうか?
答えられる範囲で結構なのでアドバイスお願いできないでしょうか?

A.

たとえばキングヘイローとフジキセキの比較でいえば、瞬発SPはキングヘイローよりもフジキセキが上で全体SPは互角っていう意味なんです。
ご指摘の通り、各種牡馬のスピードの質はどれか1つに限定した方がバイアスを見る際には便利で、実際ブラッドバイアスサイトでは、各種牡馬ごとに1つのスピードの質でしか表示していません(たとえばフジキセキは米国型のSS系、キングヘイローは欧州型のリファール系)
今回の本では、種牡馬全体の中での相対評価という形で表記してみました。
そりゃ、フジキセキの方がリーディング下位の種牡馬よりは全体SPが要求される馬場でも数多く馬券になりますからね。
あまり、血統に馴染みのない方々でも、巻末の種牡馬を買えば手軽に高配当を取れるようにという意味もあります。
ボク自身、血統をTVとかのビームのように馬固体のバランスを考える部分と、爆血のように相対評価で考える部分があって、今回の巻末はそれを足してみたんですけど。
馬固体のバランスというのは、SS系は瞬発力に秀でていて、ノーザンはスタミナに秀でているという考え方で、相対比較というのは、各種牡馬の強さみたいな感じです。たとえば、今年のGTも瞬発云々言わなくても、フジキセキ、タキオン、母父SS、フレンチから本命を選べばほぼ当たるわけですからね。
この2つのバランスをもう少しいい感じで練ったツールができないものかと、いろいろ実験、検証はしているんですけど。
血統だけではないですが、予想のアプローチに正しいも間違いもないというか、的中こそが正義でしょうから、ボクからどうのこうの指摘できることはございません。
今回の表に関してはそんな感じですので、ご参考にするなり無視するなりなさってください。
posted by 管理人 at 01:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血統ビーム4を是非出版してほしい

Q.

最近、競馬TVの出演が少なくがっかりしている近況です。
さて、私、亀谷さんの血統ビーム3の大ファンです。
亀谷さんの著書はすべて購入しておりますが、私としては、やはり競馬予想の上でビーム3がもっとも重要な参考書です。
理由は、各競馬場の芝、ダート、距離などの過去のレース結果に基づいた血統評価を%で表しているからです。
ですから、サンデーなきあとの変わりつつあるレースごとの種牡馬適性を種牡馬別に%で表した、ビーム4を是非、出版してほしいんですが。
また、私の持論のことで質問します。
一般に同系、例えば、ブライアンズタイム、リアルシャダイはロベルト系ですが、サンデーはヘイロー系です。
しかし同じターントゥ系、さらに同じサンデーでも肌の違いで適性もかわります。
レース予想の上で、同系や同種牡馬の頭数が多い時、軸馬をどのように決めますか?
私は重賞のみですが、血統表の中で牡馬のみの生年月日を調べ0遺伝の法則に基づいて遺伝の優劣を調べますそうして、優の馬の戦歴を調べて、適性を予想し、軸馬を決定します。
でも今は、亀谷さんの競馬放送局ですが。

A.

ご提案ありがとうございます。TVは毎週呼んでいただけるようになるよう、努力します。血統ビームの単行本のご要望ありがとうございます。
今は当時と違い、系統や血統データもちょっとしたソフトで出せる時代になってしまったので、昔と同じ作りでは皆様にご満足いただけないのですよね。昔はデータを出すこと自体に対価が頂ける時代でしたから。(昔は血統データは今ほど充実していなかったので、ボクが自作ソフトを持っている価値がもっと高かったのですが)
もう少し練ったもの、あるいは逆にポイントを絞ったものをご提供できるように検討しております。
さて、同系の取捨に対するご質問ですが、ボクは各血統、コースで穴を出した馬の馬柱をパターン化しております。
ですから、同じ血統でも、馬柱のパターンがより優れている馬を上位に取ります。
ただし、馬柱の見方は一般的な能力比較に重点を置いたものではなく「能力を隠している可能性が高い馬(ほとんどが敗退馬)」を探すことを重視しております。
新刊にはその考え方も掲載しておりますので、よろしければご参考になさって下さい。
また、そういったパターンを自動的に血統やコースとかみ合わせることができないものかというのも検証しているのですが、うまい具合に本で表現できるようならば発表させていただく予定です。
ところで、0の遺伝って中島さんの理論でしたっけ? 
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

悪夢のオークス

Q.

まるで悪夢を見てるかのようなオークスでした。
フジキセキ×ニホンピロウイナーのエフティマイアが2着歴代のオークスでウメノファイバーが来た時はギリギリ納得できましたが、今回はそれをはるかに越える納得できないオークスでした。
別に溜めて瞬発力を発揮できる馬でもないし、かなりダート的な馬かと思ってて、それだから今年の桜花賞で来たと思ってたんですが、オークスまで。わかりません。亀谷大明神様ご啓示ください。
今年のオークスはまさかダート的なレースだったんでしょうか?

A.

ボクもハズしましたので、何も申し上げられることは本来ないのですが。
エフティマイアは少なくとも2400mでも折り合いをつけて、直線で脚を使う競馬ができる馬ではあります(当たり前ですが)
あと、フジキセキ、フレンチ、ウォーエンブレムが上位で、馬場も重かったので、血統的なダート適性の高さも有利な材料ではあったでしょう。
重馬場だったので、来年以降も参考になるかというと難しい部分はあるのですが(特にトールポピーは高速馬場でも走れたかは判断に悩むところです)
ボクは逆にウメノファイバーが走れたことをもっと強く意識するべきだと思いました。1200GTでも通用するぐらいのトップスピードに優れた血統重視ということです。来年以降は、血統面からの欧州的なスタミナという考え方はバッサリ切り捨てるつもりです。
ちょっと血統の小細工が増えて下手になったオークス予想で反省しております。やっぱり競馬は判断材料を増やしながら、確実に上達するのは難しいですね。三歩進んだようで、四歩下がっていることも結構ありますし。
血統で重要なことは歴史の重みを噛み締めて「今」を感じることだと思ってます。さきほどから反省ばかりして猿みたいですが、猿でも予想できる血統の使い方をもっと研究します。グレイソヴリン猿になるべきでした。
posted by 管理人 at 01:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊の表について

Q.

新刊買いました。まずパラッとどんな内容かみていたら30分ぐらい立ち読みして本屋さんにご迷惑をかけてしまいました。
186ページにあるスピードの質のリストですが、ブラットバイアスの出馬表にはあのような記号を使って他の種牡馬も載っているのでしょうか?
携帯でも開発予定と読みましたが、あのリストのような出馬表、データなども載せてくれると大変うれしいです。
最後にエンタメ血統塾の東ダート千六のコーチングのおかげで少し贅沢ができました。ありがとうございます。

A.

30分もお読みいただければ、読み終わってしまうのでご購入いただく必要もなかったかもしれませんが、わざわざご購入いただきありがとうございます。
新刊の表は、主にサイトの「爆血」を対象にしています。また、PCの出馬表は馬の父、母父に欧州型などの表記があります。ですから、PCの出馬表で欧州型で爆血評価の対象馬の場合、新刊の表では、欧州Aといった具合で評価されています。
現在は携帯の開発と同様に、欧州適性や瞬発適性に対して、記号、もしくは数値でレベルを表現する手法も開発中です。これも近々公開できる予定です。
最後に、エンタメもお役に立てて嬉しいですが、あれは一般誌なので、たまにメチャクチャ誤解を招く表現があったりするので、ご了承下さい。(もちろんネタやポイントはほとんどしっかりしていますが)
でも、あっちの方が万人受けはするんでしょうね。質問者さんは単行本とどちらの作りがお好みでしょうか?
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

またご返信を頂きました

Q.

(アンケートの回答コラムについてのご意見を頂戴した方の返信から、またご返信を頂きました)

ご丁寧に回答いただきありがとうございます。
大雑把で曖昧でもいいんですよ。(別にそれが外れてもそれは競馬ですから。)
自分が予想するより亀谷さんが今日の馬場はこのような傾向であると書いてあればそれで自信が持てるのですよ。

基本的に土日は家族サービスに追われて重賞レースしか馬券を買う時間が無いのですが亀谷さんのコラムと出馬表のB/Cを参考に馬券を組み立てれば大幅に回収率がUPしているのです。

最近においても・・・・
皐月賞・福島牝馬・青葉賞などは自分の考えでは絶対に発想できない馬たちですが、亀谷さんのサイトを信じて馬券を購入すれば高配当の続出ですからね。

先週などもウオッカをどうしようか・・・・切ろうかなと思っているところを「ウオッカは、さすがに崩れないと思うのですが。」と書かれていたので2・3着の3連単フォーメーションに入れてBの馬たちとブルーメンブラッドを絡めて簡単に万馬券的中でした。
ヤマニンメルベイユなどは見ていてしびれました。
普通では買えないし4着という結果に亀谷さんの目の付け所にまた共感を覚えた感じです。

だから自信を持って亀谷さんなりの表現方法で大胆に書いていただければそれで満足です。
結果に関しては自分の責任ですし、昨年の高松宮みたいに凄いのを当てさせていただいているので・・・

携帯サイトに関して意見したのは・・・・
5月の連休に家族で遊びに行っておりHPが見れませんでした。
亀谷さんのサイトを紹介して入会させた会社の後輩に携帯で連絡を取り青葉賞の亀谷さんのコラムと出馬表のB・Cを連絡させるということがありました。
結果は高配当でしたね。ありがとうございます。

私は予想をする上において亀谷さんのコラムがないともう馬券が買えないのです。
だからその時に携帯サイトで見れればいいなあと感じました。

携帯サイトのみ契約する人の金額に比べてPCに入会している人が、わずかな負担で携帯サイトを利用できるのであれば大変助かります。

携帯サイトの公開を楽しみにしております。

A.

こちらこそご丁寧にありがとうございます。お話を伺い、携帯の開発は、ますます燃えてきました。
ボクもいくら自由人とはいえ、パソコンを見られない状況はあります。そんな時「携帯で競馬の研究ができればなぁ」と夢描いていたことを実現させたいと思い、開発を続けてまいりました。今年の夏までにはその夢の一歩を踏み出せるかと思うと本当に楽しみです。これも皆様のご協力のおかげです。
おそらく携帯サイトが完成しても、すぐにはご満足いただける仕上がりになるとは思いませんが、ドシドシご意見お寄せ下さい。
ヤマニンメルベイユに関しての暖かい励ましありがとうございます。もちろん予想としてはミスと受け止めておりますので、お言葉に甘えず努力いたします。
posted by 管理人 at 01:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊さっそく買いました!

Q.

亀谷さんの新書、さっそく買いました!
僕が競馬本を買うときは「馬券術」よりも、著者の考え方や感覚がしっかり書かれているかを重視します。
それは亀谷さんの本でも同じです。(この言い方は偉そうですね・・;)
でも、今回の本は僕の期待を裏切るくらいの内容の濃さでした!
これから、何度も読み返して亀谷さんの考え方を吸収して、自分の予想にも生かしたいと思います。
ありがとうございました。これからも頑張ってくださいね!

追伸
あとがきの「道具を使ってくれる人」の募集ですが、僕はやっぱり、亀谷さんと一緒に道具を作っていきたいと思います。是非、お願いします。

A.

ありがとうございます。ご期待に沿えたようで嬉しいです。
ただ、ちょっと喋りすぎて、多くの方々に見ていただく上ではどうか。というのもあるんですよね。もしかしたら次回作はご期待には添えないモノを作るかもしれません…
これからもよりよいモノが出来るようにサイトや本に対するご意見をどんどんお寄せ下さい。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

青葉賞とダービーの関係

Q.

以前、弥生賞た皐月賞は同じコースでありながら求められる能力が違うというお話がありましたが、それって同じコースで行われる、青葉賞、ダービーの関係にも言えることでしょうか?
弥生賞は瞬発力で皐月賞は持久力を求められるという話がありましたが、亀谷さんのサラブレのコラムを読むと、青葉賞、ダービーではそれが逆転してるように思えるんですが気のせいでしょうか?
自分は今まで青葉賞馬がダービーを勝てないのは単純に弱いからだとも思ってましたが、今月号のサラブレの亀谷さんのコラムを読んで、「青葉賞は持久力」「ダービーは瞬発力」が求められるから青葉賞からダービー馬は誕生しなかったのかと思うようになりました。
サラブレの今月号のカーネギーの話は特にその通りだなと思ったので投稿させてもらいました。
もし間違っていたらご指摘お願いします。

A.

青葉賞組は、ローテーションもちょっと不利だとは思うんですよね。特に関西馬の場合輸送→2400m走って中3週でダービーですから。もちろん、ご指摘の通りダービーの方が青葉賞よりも1枚上の瞬発力というかトップスピードが要求されるというのもありますが。
ただ、アドマイヤコマンドは母父カーネギーですがSSの血を持っていますからね。カーネギーもSSがいなければ…という部分もありましたし。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

フローラステークスはダート指向のレース

Q.

フローラステークスはダート指向のレースだったと質問コーナーにありましたが去年もベッラレイア以外はダート指向がある馬だったと本などに書いてたと思いますが、昔は欧州血統や凱旋門いい馬や血統がいいといってましたが傾向がかわってきたのでしょうか?
今年の四着の馬は、僕は母父サドラーだから来たと思ってたのですが!
一着も菊いい血統だし二着、三着も凱旋門の血統入ってたので僕は欧州よりのレースと思ったのですが、欧州やダート指向と見る時は父を見るのですか?

A.

以前から欧州+ダート(米国)というレースだったと指摘していたつもりですが、今年は気持ちダート指向が強いということです。今までの比率が6:4ぐらいだとしたら今年は5:5ぐらいということです。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ありがとうございました

Q.

こんにちは。
先日、馬場の傾向の変化について質問させていただいた者です。
難しい質問かとは思いましたがご丁寧な回答ありがとうございました。
確かに外差し傾向になってさらには外を通るとダメというパターンが多いかもしれませんね。
通常→欧州→米国のリズムが多いというのは僕もイメージできます。
参考にさせていただきます。

僕も読みが違っていたのに当たったというケースはほとんどないですね(ない方がいいと思いますが)。
個人的には読みが違っていたのに当たっても全然嬉しくないです。
でも当たるか当たらないかは最後は運ですから自己満足の世界なんでしょうか(笑)

朝のオッズの話ですが、狙っている穴馬がすごい人気になっていて目を疑うケースがたまにありますね。
馬券の基本は単勝と複勝で勝負するのですが、そういうケースの時は最終オッズがどれくらいまで上がってくれるか不安になるときがあります(笑)

亀谷さんの新著が5月25日に発売されるそうですが購入させていただきたいと思っています。
僕は亀谷さんの著書は『爆血馬自動狙撃術』よりも『血統インパクト』のような論理的な血統的根拠を元にした予想を解説してくださる本が大好きです。
そういった本を書いていただけると嬉しいです。

ブラッドバイアスサミットは非常に楽しみにしているのですが、サイトで会員になるなどしないと閲覧できないのでしょうか?
書き込みはできなくても掲示板は読めるというようにしていただけるとすごくありがたいのですが。
いろいろ問題はあるのでしょうが考えていただけたらと思います。

また気になることがありましたら質問させていただきたいと思います。
これからもますますのご活躍を期待しております。

A.

ボクは読みが当たろうがハズレようが馬券さえ当たってくれれば嬉しいですが(笑)
新刊は「血統インパクト」に近いものです。次回はまた「爆血馬自動狙撃術」みたいなモノを作りたいんですけど。(個人的には本当はあまり自分の考え方とか理屈が見られるのは恥ずかしいので、自動狙撃術みたいなものを人様に見ていただく方がいいんですけど)
BBSは、よい議論ができた場合は、ご指摘どおり、皆様にも見ていただく計画だったのですが、残念ながら現在休止中です。再開の際には、公開することになると思います。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

BBSに是非参加したい

Q.

いつも参考にさせてもらってます。
メルマガにも書いていたBBSに是非参加したいと思っているのですが、PCがないと無理ですか?
もしそうなら携帯でも手軽に参加できるようにして欲しいです!お願いします!

回答
BBSは現在、ちょっとした問題があって休止になっていまいました。携帯の開発も平行して行っているので、再開の際には携帯も同時に公開するかもしれないので、その際はよろしくお願いします。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

見解を比較したい

Q.

私は自分なりに週ごとの傾向をまとめたりしているのですが、今の馬場は【欧州的】や【米国的】などの自分のまとめと亀谷さんの見解を比較したいと思うので、いつものコラムに付け加えて、今のこの距離、この競馬場全体の馬場はどういう馬場かというのをプラスしていただけたらと思います。
また、私個人としても、新しくBBSもできましたことで、自分の競馬力も高めていけたらと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

A.

【欧州的】や【米国的】という表現を必ず使ってほしいということでしょうか? 現在、欧州的な要素を示すちょっとしたバイアス指数を開発しているので、少々お待ち下さい。
その週、その日の競馬場全体の傾向も、現在開発中です。近々公開いたしますのでこちらも少々お待ち下さい。ご感想、ご要望またよろしくお願いします。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

一番ダービー向きなのは?

Q.

答えにくかったらごめんなさい。今年のダービーですが自分はアドマイヤコマンド、レインボーペガサス、ディープスカイのどれかで勝負するつもりなんですが、一番ダービー向きなのはどれだと思われますか?
差し支えなければお願いします。

A.

お答えしたいのですが、正直ボクが知りたいぐらいです。ほぼ同じようなタイプだと思うので。
その3頭の中ではレインボーペガサスが一番瞬発力はなさそうですけど。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

コラムを参考に

Q.

いつも亀谷さんのコラムと爆血自動評価と競馬予想TVに出られたときにはその解説を聞いて馬券を組み立てています。
亀谷さんを知ってからはおもしろいくらい万馬券が取れて神様と崇拝しております。
今週からの亀谷さんコラムのアンケートの解説は参考になります。
私のような素人にわからないのは今の馬場がどのような傾向にあるのか…
今年と昨年と一昨年の馬場にどのような傾向の違いがあるのか?

今週からの解説の中では下記のような解説をされていますが、

☆一昨年のヴィクトリアマイルのような馬場(内外などは関係なく、中距離的な切れ味が生きやすい馬場だった)が向いたのが勝因のひとつだと考えています。

☆今年のヴィクトリアマイルは、おそらく先週や一昨年のヴィクトリアマイルほど、中距離での瞬発力が生きる馬場、レースにならない懸念材料はあります。

☆昨年との比較では、今年の方がやや中距離向きと考えているので

もっとストレートに過去との馬場傾向の違いと今年の馬場傾向とレースのペース予想と血統傾向を解説いただけるとわかりやすいかと思います。

これからも亀谷さんのコラムを参考に馬券を組み立てたいと思います。今後も大胆な切り口の予想を期待しています。

追伸 現在の月額2400円で出走表と亀谷さんコラムを携帯電話で見れるとさらによいのですが…

A.

ヴィクトリアマイルのコラムに関しましては、馬場も微妙だったのであのような表現になりましたが、なるべくもう少しザクッとした表現になるよう心がけます。
どうしても、ブラッドバイアスのサイトでは正直に書きたいので、本当は自信がない自分も出てしまうんですが。

「やや中距離向き」というのは、曖昧な表現かもしれませんが、基本的には1400指向、持続力指向が強いけど、去年よりは「やや」時計がかかるという意味なんですけれど。

ボクが言うまでもないことですが、競馬は複雑で微妙な部分が多いので、それを正確に表現しようとすると、かえって実像と遠ざかってしまうので本当に難しいです。

携帯サイトの件ですが、ボクらもなるべくそうさせていただきたいのですが、何せ今でもギリギリなので(すべてに権利料を払ってきちんとやってますので)i-modeの1コンテンツ分ぐらいのご負担増をお願いする形にはなってしまいそうです。
posted by 管理人 at 22:29| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

シンボリクリスエスはキングマンボっぽい?

Q.

青葉賞はアドマイヤコマンドの単勝美味しかったです。ありがとうございました。
ところでシンボリクリスエスがキングマンボっぽいと書いていた理由を解りやすく教えて下さい。

A.

雑誌、本などでも何度も書いた記憶がありますが、得意なレースが似そうだと思うからです。ようするにSSよりは瞬発力はないが、スタミナとダート適性は高く、その結果、緩い流れの瞬発力勝負よりも厳しい流れのマイルとかダートの方が走る馬も多い。というのがキングマンボと似てるんじゃないかと思うわけです。
ダンスとキングマンボとブライアンズタイムの中間ぐらいがシンボリクリスエスという感じです。3頭とも東京ダート1600mとかは得意でしょうけど。(こういう感じがわかりにくかったらすみません)
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

馬場の傾向の変化について

Q.

亀谷さんに質問なんですが、土曜日と日曜日の馬場、前週と今週の馬場の傾向の変化についてです。
具体的に申しますと、土曜日にはどしゃ降りの不良馬場で行われて、翌日には快晴の良馬場発表で行われる週、あるいは前週が不良馬場で行われて、今週は良馬場で行われるという週がありますよね?
僕はこういうパターンの時にはいつも頭を悩まされるんです。前日あるいは前週の馬場傾向のままに当日も予想していいものかどうか。
馬場が乾いてきて傾向ががらっと変わったりしないだろうかと予想がかなり消極的になってしまいます。
最近は朝にパットで買いたいレースをまとめて買うので当日のレースを観て馬場傾向を考えることができないんです。
自信がなきゃ少額投資にするか買わなきゃいいという感じもしますが・・・。
こういうパターンの時はどれくらいの確率で馬場傾向は変わるものなんでしょうか?
やはりその時々によって馬場が変わらない時と一変する時があるのでしょうか?
前日予想もされている亀谷さんはこのような時にはどのようにして予想されているのか、そういった時でもドカンと勝負される時があるのかお聞きしたいです。

A.

具体的に何%とはいえないのですが、開催中日ぐらいで雨が降ると、その後に外差し天国が発生しやすく、その後は外外を回ると届かないという感じになります。
通常→欧州→米国みたいなリズムが多いというのが自分なりの感覚で、それを踏まえて予想はします。
ただ、何度も書いていますが、天気がずっと晴れだからといって必ずしも自分の考えた通りの能力が要求されるレースにはならないのが難しいところですね。(逆に読みは違っていたけど当たることはめったにありませんが)
一応、その日の馬場を見て、想定どおりなら勝負に出ますが、自分なりに掴めたと思っても3回に1回ぐらいしか当たりませんし、そうでないなら全く当たりません。だから自分の予想精度では5連敗ぐらいが連発するんですけど。
ちなみに、前日の予想と違う買い目を買うことはありません。額の上げ下げのみです。
それと、すでに実行されているかもしれませんが、朝に自動購入をするのなら、個人的には単勝も複勝も5倍以上つく馬を狙った方がいいとは思います。
ただ、ボクらの狙う馬は質問者さんみたいに、朝投票する人が多いのか(笑)1人気になっちゃってるケースも多いので、スポーツ新聞などに載っている、専門誌の◎の数が載っているデータなどを参考にされるとよいのではないでしょうか。
よく、朝のオッズで売れている馬は勝率が高いみたいな理論がありますが、朝にバーッと買っても勝てるからそうなるんでしょうね。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

キュートエンブレムの好走理由は

Q.

亀谷さんは著書で「フローラSは欧州型スタミナ血統が穴を出す」と
述べておりましたが、今年はキュートエンブレムが3着に入線してしまいました。
キュートエンブレムは父ウォーエンブレム母父デインヒルで特に欧州のスタミナを感じない血統ですし、何で来たのかわかりません。
キュートエンブレムの好走理由は何だったんでしょうか?
グラーフとシングライクバードに期待してたのでちょっとガッカリでした

A.

母父ディンヒルは凱旋門賞を連覇しているので、思いっきりスタミナ型です。4着馬も同タイプの馬でしたね。
2年ぐらい前までは、ダンチヒ系とサドラーズウェルズ系を別物と考えていたのですが(もちろん、今でも別ものではあるんですが)、最近のゴールデンスリッパーズSや凱旋門賞馬の血統を見て、2つとも同じ欧州にくくってしまっています。
もうすぐ新著が出ますので、そちらもご参考にしてくだされば幸いです。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

フローラSについて

Q.

亀谷さんこんにちは。フローラSについての質問です。
普段は亀谷さんの本命から馬券を買うことがほとんどなのですが、
今回はレッドアゲートを本命にして馬券を買いました。
というのも亀谷さんが以前から菊花賞、凱旋門賞にゆかりのある血統、ダート適性、馬体重が軽いということをポイントに挙げられていたからです。
レッドアゲートは菊花賞馬の子で母父はミスプロ系で馬体重も軽いのでポイントを全て満たしていると思いました。
競馬予想TVや競馬放送局での亀谷さんの予想ではSS系なので瞬発力よりだとの指摘がありましたがメイショウレガーロやマンハッタンスカイを見る限りマンハッタンカフェ産駒はSS系らしい瞬発力はほとんどないのではと思いそのまま本命にしました。
 ただ、レースが終わってみるとタヤスツヨシのカレイジャスミンやマイル的な瞬発力があると思われるキュートエンブレムがきていたので単純に今年は瞬発力が要求されるレースというだけだったのかなとも思うのですが。
亀谷さんは今回の結果についてどうお考えですか?
あと上記のマンハッタンカフェ産駒の見解についてもご意見をいただけるとありがたいです。
 最後に皐月賞では亀谷さんのおかげで大きく回収率をあげることができました。
ありがとうございました。これからも亀谷さんの予想には期待しています。

A.

ボクの見解を参考にしてより回収率を上げていただくのは、嬉しい限りです。
さてフローラSですが、このレースは4着にフレンチデピュティが突っ込んできたことを見ても、「ダート指向」がかなりのポイントになっていましたね。
キュートエンブレムも母父のスタミナも大きいですが、やはり父がウォーエンブレムというのが大きかったように思います。
レッドッドアゲートも母父のスキャンが効いている馬なので、その辺がよかったのではないでしょうか。もちろん、ご指摘どおり父がスタミナ型のマンハッタンカフェだったこともプラスでしたね。
個人的にはダート指向が強いレースだったので、本番にはつながらないと考えています。
SS系については、本当はSSがあるから減点というのはあんまりないんですけど、TVだとわかりやすくするために表現を極端にすることがありますので、話半分で聞いてくださいというのが正直なところです。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。