2008年10月28日

競馬放送局の亀谷予想は最終レースが当たる?

Q.

私は競馬放送局いつも利用してますが。ここ1〜2ヶ月ぐらいですか(感覚で言ってるので間違ってたらすみません) 亀谷さんが予想しているレースのなかで最後の特に12レースの的中率がかなり高いと思うのですが何か理由があれば教えてください。
お陰さまで、予想している最後のレースまでに的中してない時など、かなり期待値が高まり、普段より厚めに購入して儲けさせてもらってます。
逆にそれまでに的中していた場合は、薄めに賭けるようにしてます(笑)
しかし1日3〜4レースの予想で、人気のない馬本命でだいたい1レースは的中させている亀谷さんはやはり凄い!と思います。
これからも応援してるので頑張ってください。


A.

ご購読ありがとうございます。いつもハラハラさせてすみません。
同じ的中でも午前中よりも最終の方が喜んでいただけるのはわかりますし、先週も日曜に公開した最後のレースが菊花賞が的中して、その前の7レースも的中できたので、おそらく皆様にとってもいい流れだったかと思うと嬉しいです。
ただ、自分としては、提供させていただくレースは1日3レース前後に厳選しているつもりですから、どれも期待しています。
年間を通じての回収率も、最終レースが特別高いということではないのですが、たしかに今月は最終レースの相性が良く、単勝20倍以上を2つ的中させ、おかげさまで今月の回収率は200%を越えました。
正直、偶然のような気もしますが(笑)ボクのスタッフの宮田君が雑誌「競馬王」と「ブラッドバイアス」のサイトで最終レース分析を行っていますが、この分析にボクも刺激を受けているのかもしれません。
元々この企画をはじめるにあたり「最終は、案外メンバーや条件に傾向があるかもよ」ってボクもアドバイスさせてもらいましたし。
ただ、ボクの本命馬は20連敗とかしますので、1日単位で「最後だからドカンと行こう」と思われてしまうのはちょっとプレッシャーですけど。ダメな日は全然ダメですし。
できれば、最終は余裕で見ていただけるような予想が毎週できるよう努力いたします。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

アグネスタキオン産駒の菊花賞

Q.

菊花賞フローテーションで的中お見事です。
今回血統的に合う馬はフローテーションぐらいしかいないと言われていたので、オウケンブルースリと父アグネスタキオン産駒に流して馬券を買わしてもらいました。
ノットアローンは自爆してダイワワイルドボアは見せ場なしに終わりました。
ダイワワイルドボアは掲示板ぐらいは走ってもいいと思ったのですが、この結果からタキオンは母系にスタミナがあっても菊花賞には向かないと結論づけよう思います。亀谷さんはどう思いますか


A.

結局、ダイワワイルドボアは持続力がキツ過ぎて、スタミナ量は菊花賞並みに問われるけれど、直線スピードはその分必要ない小回り2200とか2500がいいのでしょうね。
ただ、タキオン産駒はスピードは最上位ですので、母父がトニービンとかダンシングヴレーヴとかサッカーボーイだったら、末のスピードもスタミナもあるタイプが出る印象はあります。
ただし、それでも本命にはできないでしょうね。
posted by 管理人 at 10:12| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

有益なデータの調べ方

Q.

亀谷さん、こんにちは。いつも拝見させていただいてます。
いつも、このコーナーの亀谷さんの回答を楽しみにしてるんですが、最近では「そのとおりです。」「僕もそう思います。」といった回答しか言えないような議論しかなく残念に思っています。

さて、それはさておき質問なのですが、亀谷さんは多くのデータを用いて、馬券戦略に役立てていらっしゃいますが、有益な(これは使える!みたいな)データの判断などはどういったところでしてるんでしょうか?教えてください。

僕も市販のソフトを使って、あれやこれやと、データを集めているんですが、なかなか馬券に直結することがありません。
(これは1・2週間で結果がでなければ諦めてしまう僕の悪い癖のせいかもしれませんが・・・)


A.

むしろボクは、ブラッドバイアスのサイトでも菊花賞はフローテーションがアンケートで1位だったように、血統ビームデータが皆様に有効に活用されていることは大変喜ばしい状況だと思っております。
指数派、調教派などの派閥はそれほどは意識しませんが、ここ数年、血統を使った予想技術はすごくレベルが上がっているのではないでしょうか? 
また、芝2400mのレースを捕まえて「マイル指向」などと当たり前のように議論できる環境も(ボクの周りだけかもしれませんが)凄く楽しいです。
質問者さんが使われている市販のソフトも以前は数年前までは、系統や前走などのデータは入っていませんでしたからね。
その前からボクらは自作のソフトで検証してまして、それが多くのユーザー様に受け入れられたから導入されたのでしょうし。
さて、データ判断の技術についてですが、よろしければ、もう少し具体的に検証されている項目を上げていただきますと多少はお力になれるかもしれません。
実際、何人かの方からご相談を受け、ボクでできるアドバイアスをしたところ、年間回収率が大幅プラスになった方々もいますし、著作を出された方もいますので。
ところで1、2週で結果がでなければ諦めてしまうと書かれておりますが、ボクがデータを検証する場合は、どのぐらいのスパンで当たらないものなのかを検証します。
とはいえ、ボクも1、2週以内で的確に結果を出せるパターンはほとんど知りませんが(笑)
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

メイショウサムソンの凱旋門賞

Q.

亀谷さんこんにちは。
少し前の話題になりますが、メイショウサムソンの凱旋門賞でのパフォーマンスについてどうお考えですか?
ディープインパクトと違い血統的に欧州芝2400bは大歓迎だったはずですが、レース後の関係者コメントを鵜呑みにして不利を受けたのが敗因だったのでしょうか?
個人的には馬主・調教師がマジメにレースに取り組まなかった(京都大賞典の代わりに凱旋門賞を使った)せいだと考えているのですが、亀谷さんの視点にはどう映りましたか?


A.

メイショウサムソンは、たしかに、今回の敗戦は適性以前に体調や不利もあったかとは思いますが、個人的には絶好調でも厳しかったのではないかと思います。
というのも、サムソンは母型が日本のローカル的なスピード馬ですし、オペラハウスもサドラーズウェルズ系ではありますが、日本への対応力が高い分、欧州の土俵ではパワーやスタミナが足りない印象があります。
たとえば、今年の天皇賞秋に出ているメンバーだけで凱旋門賞のコースでレースをやったらサムソンはいいのかもしれませんが。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

大荒れの秋華賞

Q.

こんにちは、秋華賞は大荒れでしたね。穴党の端くれとしてはガチガチに決まるより、全く予想外の荒れ方をされた方がガックリ来ます・・・
今回は正にそんなレースでした。
また、亀谷さんは今年のレースを踏まえて来年以降このレースの予想の仕方に変化を加えますか?
僕は過去も含めて、先行馬ではSSの血を持ったダート的な馬、差し馬ではスタミナ型(何となく安田記念に強そうな血統orもう少しだけ重厚ver.という感じの)がいいのかなと感じました。
少なくとも春好走馬より夏ローカル好走馬の方が繋がりそうではありますよね。
何かレースを見て感じる所があったら教えて下さい。


A.

今年の秋華賞は間違っていたことしかわかりませんでした。ボクもガックリきました。
今年の本命は結局キストゥヘヴンを選んだときと同じ過ちをしたと思っています。たしかに、高速馬場だとマイラーの差し馬は買ってはいけないようですね。
今後の京都芝2000m戦、そして来年の今頃は、今年の教訓も踏まえたよい見解が出せると良いのですが。
それと、これは10月に3冠目が行われるようになってから何度も指摘していますが、やはり夏のローカルを経験している馬は有利ですね。
今年は牡馬3冠は、まずまず構造をつかんでいたと思うので、来年は牝馬3冠もしっかり当てたいと思います。
posted by 管理人 at 00:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

東京芝1800mの非サンデー系

Q.

コラムで亀谷さんは東京千八は前走ニ千ニ百走ってるのやニ千で連対してるサンデー系(母父サンデー)がいいとありましたが、過去の毎日王冠みると、サンデー系の血ないのは、欧州血統でマイルでも好走してるように思います。
東京千八の下のクラスはサンデー系の血がある方がいいと思うのですが、クラスが上がって来ると、ニ千ニ百からの馬や、ニ千で連対しているサンデーの血あるのか、非サンデーだと欧州血統でマイルでも行けるスピードある馬がいいと思うのですが、亀谷さんは非サンデーはどう思いますか?


A.

ボクもそう思います。ご指摘いただいたようなことはコラムでも書かせていただいております。
実は東京芝1800mは非SSも狙えるパターンがありますが、SSとは真逆ともいえるパターンの馬が走るのが面白いところです。
posted by 管理人 at 10:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

中山2200mの重賞勝つような馬は

Q.

いつかオールカマー、セントライト記念ではG1を勝てないような馬、瞬発力型じゃないSSが勝つようなことを仰ってたと記憶してますが、私もなんか中山2200mの重賞を勝つ馬ってあまりG1と関係ない(同じ中途半端な距離の有馬記念などは違いますが)雰囲気を醸し出してる気がします。
サラブレなどでも仰ってますが、やはり中山2200mの重賞勝つような馬は東京、京都のG1で勝つ瞬発力みたいなものが不足してるんですかね?
ここ最近ではオールカマー、セントライト記念を勝った馬が皆東京、京都のG1で惨敗してますが、求められる能力が根本的に違うからなのでしょうか?


A.

そうですね。
条件戦レベルでは、先週負けてたエフティイカロスもそんなタイプですね。
posted by 管理人 at 10:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

東京ダ1300mはコツをつかんでいるつもり

Q.

土曜日は残念な結果でしたが毎日王冠、東京6R亀谷さんの本命馬から取らせていただきました!
ありがとうございます。秋もガツンとよろしくお願いします。


A.

土曜日はご迷惑をおかけしました。
日曜の東京6Rは結果オーライでしたが、カロンセギュールを本命に出来なかったことは反省しております。
土曜日全敗で少しカタくなってしまい、ベローチェにしてしまいました。
東京ダ1300mはコツをつかんでいるつもりなので、もう少しレース数があれば良いのですが。
posted by 管理人 at 10:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

父の非根幹距離適性は

Q.

グラスワンダーが1400、1800、2200、2500などの中途半端な距離が得意な種牡馬なのは有名ですが、よく考えてみると、マーベラスサンデーもネヴァブションとか見るとそんな感じがします。
マーベラスサンデーもグラスワンダー同様、宝塚記念、有馬記念などの中途半端な距離で強かった気がします。
こういう非根幹距離適性って言うのも父親の現役時代の成績が参考になるんでしょうか?


A.

そうですね。産駒のシルクフェイマスを有馬で本命にした際にも、そういった理由を述べさせていただきました。
あと、マーベラスサンデーはSS系の中ではダート色が強い(スピード色も薄い)ですけど、マーベラスサンデー自身も血統的に準OPぐらいのダートなら勝てたんじゃないかと思ってます。
posted by 管理人 at 02:31| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

母父ダンス、フジキセキ

Q.

最近は母父SSのみならず、母父ダンス、フジキセキなんて馬もいますが、これらの扱いはSSとは違う感じでいいんでしょうか?
母父フジキセキは似てるようで似てない感じもするし悩みます。


A.

やはり違うでしょうね。ただ、基本は父を見ることですから、母父SSやトニービンほど強力でもないですし、個人的には母父ダンスやフジキセキはほとんど意識していない状況です。
posted by 管理人 at 10:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。