2009年04月13日

タニノギムレット

Q.

質問です。
以前からタニノギムレットはグレイソヴリン色が強いといろんなところで聞きましたが(間違ってたらすみません)、私も最近かなりそう思います。
BT系の特徴である「ダートで強い、休み明けは走らない、瞬発力戦に弱い」という傾向とマッチしてない印象もあります。
世間では中山は走らないと言われてますが、中山1800、2200等の非根幹距離はちゃんと好勝負になることが多い(スマイルジャックのスプリングS等)ので、そういうところもグレイソヴリン色が強いと思います。
個人的にはタニノギムレットはコジーンとトニービンを足して2で割ったイメージを持っているんですが亀谷さんは如何でしょうか?
ついでにタニノギムレットってBTとあまり似てないから、現代の高速芝競馬に対応できて成功している感じがします(個人的にはマヤノトップガン、サニーブライアンの方が本来なら父親似の正統派のBT後継種牡馬だと思っています)。


A.

何度かこちらでもお答えした記憶がありますが、ボクもだいたいそんな感じです。
血統を馬券に取り入れていない方々にはボクらは好き勝手言ってるように見えるみたいですけど、データや現象をちょっと意識すれば、だいたい皆さん同じようなイメージになりますよね。


posted by 管理人 at 10:00| 回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。